角田果栄

入居者/外国人労働者/地域住民/コモンズ構築の為の高齢者施設のコンバージョン

建築・住居分野
村上研究室
設計

研究内容

現在、高齢者施設数は増えているが、そこで働く労働者数が足りていない。一方で、都市部などでは、高齢者施設の密集によって施設の居室が余ってきている地域がある。日本は今後、外国人労働者を積 極的に取り入れていく予定だが、外国人労働者の増加に伴う、新しい住居の確保や社会進出の補助が 不足している。よって、超高齢化社会によって増えた福祉施設が、人口減少に伴い利用者が減る。一方で、外国人労働者の社会進出の補助の必要性が今後予想されると考えた。そこで今後空きが出てきてしまう高齢者施設の活用と、外国人労働者の社会進出をサポートできる場を設計する。

研究形式:設計

A1パネル6枚、模型1550mm×720mm×220mm、梗概

建築・住居分野の
その他の作品

溝上愛

建築・住居分野
設計

竹之内郁実

建築・住居分野
設計

竹内香穂

建築・住居分野
企画