平子采佳

minamo -エポキシ樹脂の注型を用いた積層表現-

インテリア・プロダクト分野
山下研究室
制作

研究内容

エポキシ樹脂を主に使用したテーブルは近年数多く作られている。樹脂が手軽に入手が可能になったことから、アート作品だけでなくハンドクラフトでも使用されるようになった。その際、注型する天板の加工には切削が多く用いられている。本制作では積層表現に注目し、エポキシ樹脂とアクリル板を組み合わせたテーブルを提案する。透明なアクリル板を積層させることで、切削された天板ではできない入り組んだ表現をすることができ、また白色のアクリル板を中間に重ねることで、より積層表現を際立たせることできた。

研究形式:制作

サイドテーブル400㎜×470㎜×300㎜、アクリル板、エポキシ樹脂、ステンレス管、作品論文、A0パネル1枚、梗概

インテリア・プロダクト分野の
その他の作品

土谷真子

インテリア・プロダクト分野
設計

曽根彩希

インテリア・プロダクト分野
設計

近藤有香

インテリア・プロダクト分野
設計