橋都咲良

現代の生活様式に合わせた屏風の提案

インテリア・プロダクト分野
阿部研究室
制作

研究内容

卒業研究のテーマを選択するにあたり、興味がある美術 品や絵画に関係し日本の文化に触れられる様な題材であることを基準に考え、様々な美術館を改めて見て回った。そんな中出会ったのが屏風であった。教科書等で目にする屏風だが、時代が進むに連れて実物を見かけることが減ってしまった。そこでその長い歴史を辿ると共に廃れてしまった理由を調査し、現代の生活様式に合った屏風を作ることが出来れば屏風が自分達にとってもっと身近な物になるのではないかと考えた。
本制作は「現代の生活様式に合った屏風を提案・制作し新たな屏風の可能性を見いだす」ことを目的とする。

研究形式:制作

屏風900㎜×30㎜×750㎜、主な材料エゾ松・ベニヤ、論文、A1パネル2枚、梗概

インテリア・プロダクト分野の
その他の作品

土谷真子

インテリア・プロダクト分野
設計

曽根彩希

インテリア・プロダクト分野
設計

近藤有香

インテリア・プロダクト分野
設計