吉田ゆずき

ギャザーによる立体形成を生かした婦人衣服の制作

アパレルメディア分野
井上研究室
制作

研究内容

ニット生地は、伸縮性に優れているので柔らかく、動きに合わせて身体にフィットするという特徴がある。織布の立体形成の手法にはいせ込み・伸ばし、ドレープ、ギャザー、プリーツなどの方法があるが、ギャザーをニット生地に使用して立体的に衣服を構成することを試みることにした。本制作ではニット生地にギャザーを施すことにより、立体形成させ、より身体にフィットし、快適な衣服を制作することを目的とした。

研究形式:制作

論文、制作物2つ、A1パネル2枚、梗概

アパレルメディア分野の
その他の作品

岡夏帆

アパレルメディア分野
制作

三浦綾花

アパレルメディア分野
制作

森田真由

アパレルメディア分野
制作