関口由莉

ジェンダーを規定する服装デザインに関する研究

アパレルメディア分野
石原研究室
論文

研究内容

近年では性の多様化により、性そのものの二元論が問い直され、ジェンダーレスが、より身近なものになってきている。ジェンダーとは、先天的なものではなく、文化的に身に付いた、作られた性差の概念のことである。また、ファッションは、昔から性を区別するツールとしても用いられてきた。しかし近年、『ジェンダーレスファッション』が注目され、“性を表すファッション”と“性を乗り越えるファッション”が存在している。そこで本研究では、ジェンダーを規定する服装のイメージ評価実験を行うことで、どのような要因が性を規定するのかについて検討することとした。なお、本研究の要因解明が今後のジェンダーレスファッションのデザイン及び企画、提供に貢献できるものと考える。

研究形式:論文

論文、A1パネル2枚、梗概

アパレルメディア分野の
その他の作品

岡夏帆

アパレルメディア分野
制作

三浦綾花

アパレルメディア分野
制作

森田真由

アパレルメディア分野
制作