本間ひなの

貝殻を用いた着色顔料の研究

インテリア・プロダクト分野
滝本研究室
論文

研究内容

貝殻の真珠光沢を人工的に再現したパール顔料は鉱物と酸化チタンを使用したものが主流となっている。本研究では身近な貝殻を粉末状にしてパール顔料を再現したいと考えた。また制作した顔料はシンプルなものが多い内装塗装に輝きのある塗装として取り入れることを考え、顔料制作、塗装実験を行った。
ナミマガシワの貝殻の真珠光沢を生かしてパール顔料に近いものを制作できた。不均一な光沢感はいままでのパール顔料になかった点であり、本研究を通してこの特性を魅力とした新しい塗装デザインを提案した。

研究形式:論文

論文、A1パネル2枚、概要

インテリア・プロダクト分野の
その他の作品

土谷真子

インテリア・プロダクト分野
設計

曽根彩希

インテリア・プロダクト分野
設計

近藤有香

インテリア・プロダクト分野
設計