小田遥香

耐震コアを用いた伝統的木造建物の耐震補強に関する研究

建築・住居分野
清⽔研究室
論文

研究内容

鉄筋コンクリート(RC)はどの構造種別においても必要不可欠な構造材料であるが、近年RCを構成する骨材の価格が上昇していることなどから、建物基礎の一部のみをRC基礎とし、その部分にのみ高い壁倍率の耐力壁を配置して耐震コアとする工法が注目されている。本研究では耐震改修工事が必要な築年数の古い伝統的木造建物を対象に、耐震コアを用いた耐震補強の有効性を検討した。

研究形式:論文

論文、A1パネル2枚、梗概

建築・住居分野の
その他の作品

溝上愛

建築・住居分野
設計

竹之内郁実

建築・住居分野
設計

竹内香穂

建築・住居分野
企画