神戸葵

薄鋼板の板厚・寸法がせん断耐力に与える影響に関する研究

建築・住居分野
清⽔研究室
論文

研究内容

通風採光を妨げず耐震性能が得られる面格子壁は、意匠的にも使いやすい耐力壁として着目されている。既往の面格子壁は、木材の経年変化等により初期剛性が低く設定されていたが近年、初期剛性も確保できる薄鋼板を挿入した仕様が提案された。本研究は、面格子に挿入する薄鋼板の要素実験を行い、薄鋼板の板厚・寸法・形状が薄鋼板のせん断荷重に与える影響を確認し、解析モデルの妥当性を検討する。

研究形式:論文

論文、A1パネル2枚、梗概

建築・住居分野の
その他の作品

溝上愛

建築・住居分野
設計

竹之内郁実

建築・住居分野
設計

竹内香穂

建築・住居分野
企画